システムの説明

  • ワイモスGV子機に接続した各種センサーの値をワイモスGV親機で集約しインターネット回線を通じて専用サーバーにデータを送信します。
  • インターネットに接続できる環境にあれば、どこからでも同じ情報を見ることができ、情報と警報の共有が簡単に行えます。
  • 専用のソフトをインストールすることなく、一般的なWebブラウザで表示設定や閲覧ができます。
  • 設定した閾値で警報を出すことができます。(画面表示及びメール発報)
  • 蓄積したデータは、リアルタイムグラフ表示や過去データのグラフ表示及びCSVデータとしてダウンロードができます。

このページの上へ